FLECHTKUNST   MEGUMI HIGUCHI

 

Die Suche nach den Möglichkeiten des Flechtens

Flechten ist ein sehr altes Handwerk, das Menschen seit den frühesten Kulturen ausüben. Das Handwerk hat sich je nach Region sehr unterschiedlich entwickelt, es wird weltweit mit zahlreichen Materialien und Techniken betrieben. Ich wurde von diesem Handwerk mit seinen beinahe unendlichen kreativen Möglichkeiten angezogen.

Ich möchte nicht, dass in der heutigen Zeit die Bedeutung des Flechthandwerks in Vergessenheit gerät. Mir geht es um Ausdrucksformen und Ästhetik des Handwerks und die Jahrtausende alte Beziehung des Flechtens zur menschlichen Kultur.

 

編み工芸の可能性を求めて

フレヒト クンストの樋口恵です。ドイツでカゴ編みのデザインをしています。

ドイツ語で、フレヒト=編、クンスト=芸術。生活のために必要とされるこの編み工芸は、私にとって芸術です。

編み工芸は人が自然の中で生活をするために行われてきた最も古い手仕事だと言われています。長年、人々と深い関わりをもってきたこの編み工芸には様々な材料が使われ、世界中には多くのテクニックが存在します。この無限の可能性を持った編み工芸に私は惹きつけられます。

便利さと効率が求められてきた現代の中で、忘れかけられている手仕事の美しさと、人と深い繋がりのある編み工芸の可能性を追求していきたいと思います。

Meine Ziele    私の目的

 

 – Kunst für den Alltag –

Ich möchte mit meinen Produkten Schönheit und Ästhetik in den Alltag der Menschen bringen.
 
 
– 日常に芸術を
美しいものを生活の中に。日常に豊かさを。

 

 – Umweltgedanken –

 von einer Wegwerfgesellschaft zu mehr Nachhaltigkeit.
 
Körbe und Stuhlgeflechte sind lange haltbar und können bei einer Beschädigung ohne großen Aufwand repariert werden. Da das Material aus nachwachsenden Rohstoffen besteht, fallen nur Abfälle an, die zu 100% in den natürlichen Kreislauf zurückgeführt werden.
 
 
– 環境のために –

使い捨てる習慣から使い続ける習慣へ。

正しく作られたかごや座面編みは修理が可能です。また、編み材として使われる柳やラタンなどの自然素材は、環境に負担なく土に還ります。

– Weiterführen traditioneller Techniken –

Kenntnisse und Techniken, die seit alten Zeiten angewendet wurden, möchte ich weiterführen. Gleichzeitig möchte ich mit Hilfe neuer Designs, Techniken und Anwendungen diese Traditionen weiterentwickeln.

 

– 伝統工芸の受け継ぎ –

昔から伝えられてきた知識と手法を未来へ受け継いでいくと同時に、新しいデザインを用いて過去と現在をつなぎたい。

Über das Feinflechten ドイツの編み細工について

Feinflechten wird seit dem späten 18. Jahrhundert am Obermain mit Schwerpunkt in Michelau betrieben. In der ersten Hälfte des 19. Jahrfunderts erlebte die Feinflechterei ihren Höhepunkt und wurde bis in die 60er Jahre des 20. Jahrhundert in größere Rahmen betrieben. Heutzutage gibt es nur noch sehr wenige Feinflechter. An der staatlichen Fechschule für Flechtwerkgestaltung in Lichtenfels wird die Technik aber seit 1904 bis zum heutigen Tage gelehrt.

編み細工は、18世紀後半より、ミヒェラウを中心としたバイエルン州オーバーマイン地方にて営まれ始めました。19世紀前半の全盛期を経て、1960年代頃まで広範囲に渡って営まれました。 現在はわずかな編み細工職人しか残っていません。しかし、リヒテンフェルス国立編み工芸造形専門学校では、1904年の開校以降、今もなお、編み細工のテクニックが引き継がれています。

Produkte

【 ご注文の流れ -日本からのご注文のお客様へ- 】

1.各商品ページの下にある注文フォームにご入力ください。

2.こちらよりメールにて、金額(送料を合わせた総額を、ご注文頂いた日の為替レートで円計算致します.。1円未満の端数は四捨五入させて頂きます)、振込先(日本国内)、およその発送時期をお伝えします。

3.入金が確認できましたら、メールにてご連絡致します。

4.商品発送後、メールにて追跡番号をお伝えします。商品が届きますまでしばらくお待ちください。

Ausbildung Flechtwerkgestalter/in in Lichtenfels

リヒテンフェルス 国立編み工芸造形専門学校

バイエルン州のオーバーフランケン地方にある、編み工芸を学ぶための3年制の学校です。

以前は Korbmacher(かご職人)と呼ばれていましたが、現在は Flechtwerkgestalter と呼ばれています。(日本語訳が難しいですが、編み工芸デザイナーというところでしょうか。)

Ausbildung(アウスビルドゥング)と呼ばれるドイツの職業教育制度の多くは、学校で専門知識を学び、職場で実践を学ぶという二本立てですが、Flechtwerkgestalter は実践を学べる会社が現在ほぼないので、実践も含めて全て学校での習得となっています。学費は無料です。

授業内容は、かご編み・座面編み・編み細工・ラタン家具・グループ制作・理論・木工・金属・デザイン・EDV(コンピューター)・ドイツ語・数学・社会などです。ヤナギの収穫や遠足などの野外活動もあります。

Flechtwerkgestalter のアウスビルドゥングの卒業試験に合格すると、ゲゼレ(職人)の国家資格が与えられ、独立することが可能です。

Menü schließen